ドクターインタビュー

裵 英洙先生(外科医、病理医、MBA)

 

裵 英洙先生

医師、医学博士、MBA.メディファーム株式会社代表取締役社長

1.  外科医、病理医、起業をした理由

患者を全身的に診ることができ、直接的に人を救うことができる達成感が味わえる外科医に魅力を感じていました。医学部卒業後は迷わず一般外科に入り、のちに胸部外科に進みました。ところが、外科医をしばらく続けていると、腫瘍が胸腔内へ播種しており手術適応とならない症例等にも出会うようになります。外科医の力不足を痛切に感じ、失意のまま手術創を閉鎖するということも経験しました。そんな中、尊敬する外科医から病理医の道があることを教えられました。病気の根源をみてより多くの人を救える可能性を感じ、再度、病理のプロフェッショナルとなるために大学院で勉強を始めました。

病理医は、精神科を除くほぼすべての診療科の最終診断を担うため、各科の部長の先生方と診断のための議論をします。そのような上層部との議論の機会を通じて、病院経営の悩みを耳に挟むようになりました。そこで、病院を”治す”ことができれば一医師としてよりもさらに多くの患者を救えるのではないかと考えました。そして、病院経営を学ぶために慶應ビジネススクールに入学し、MBAを取得したのです。

MBA取得後は、臨床医として病院に戻る・厚生労働省等に行き政策に携わる・コンサルティング会社に就職する、などの選択肢がありました。厚生労働省をはじめとした行政関係は私の韓国籍のため難しく、また、臨床医に戻った場合は臨床が楽しいので夢中になってしまうと考えやめました。コンサルティング会社は医療の専門家が不在のところが多く、医療にそれほど情熱をもっていない会社が多かった印象がありました。そこで、自分がしたいことを実践できる場所がなかったので、自ら職場を創る=「起業」という道を選びました。

2. 外科医、病理医のメリット

外科医:患者を診断から治療、術後経過まで全てみることができることです。また、手術によって直接患者を救う達成感があるという点です。さらに、治療の答えが速いというのもメリットに感じました。

病理医:精神科以外の疾患を全て扱う科であり、実際にアメリカでは病理医はDoctor’s Doctorと呼ばれ、尊敬されています。専門性が高く、かなりの疾患の最終診断を担うため、他科の部長クラスのベテラン医師と対等に議論ができます。また、形態学という動かない証拠を持っている強みがあります。病理医の先生方の多くは、誰にも負けない知識、技術を持っており、日本の癌診療における最終診断を担っているというプライドを持っていてカッコイイと思います。病理医がいないと、日本にいるこれだけ多くのガン患者を診断することはできないでしょう。

3.研修医のときの苦労、辛いときどのように乗り越えたか

外科医時代も病理医時代も多忙を極めていたので医学書以外の本を読む時間がなかったことです。本を読むことが好きで、特に若いときは何でも吸収したい時期で様々な分野の知識を得たかったのですね。また、医師は専門性が高いため、キャリアを積むと将来はこういう人間になるんだというのが想像できてしまうことがあり、「このままでいいのだろうか」というぼんやりとした焦燥感や恐怖心がありました。

日々の忙しさやストレスをどのように乗り越えたかについては、日々笑顔でいることを心がけました。体がしんどい時でも、意識して笑っていると気持ちも前向きになります。体と心はつながっているので、顔で笑って心が落ち込むことは難しいのです。「笑う門には福来る」をモットーに乗り越えていたと思います。研修医のバーンアウトなどもニュースでありますが、そのような方々は笑顔が少ないように思います。どんどん自分をマイナスに追い詰めていくのではないでしょうか。

4.他職種との関わりで心がけていること

職種・性差・学歴・年齢などを問わず、相手に対する尊敬の心をもつことです。そうすると相手に興味をもつことにつながります。「万人、我が師」と思って接するようにしています。

5.ワーク・ライフバランスについて

厳しい言い方ですが、人の命を預かろうとしている志高い若い医師がワーク・ライフバランスを考えている時点でやや矛盾しているのではないでしょうか。「ワークはしんどい、ライフは楽しい」というような画一的な考え方には抵抗を感じます。仕事の中での“しんどさ”と“楽しさ”は共存します。そういった意味で私はワーク・ライフバランスという考え方はあまり好きではありません。

もちろん、望んでいないワークに従事することでライフが犠牲になることは避けなければなりませんし、個別理由でライフのことを優先しなければならない場合は当然この限りではありません。

一般的に、医師は科や病院を比較的自由に選べるので、ある一定期間、努力するとその後は余裕が生まれるので自然とライフの時間をとることもできると思います。「ある一定期間の努力」を経ずに、若いうちからバランスばかりを考えていると、年取ってからアンバランスになりますよ(笑)。

6.医師のキャリアアップについて

キャリアアップには、ロールモデル重視型と開拓型の2つの段階があると思います。若い時はロールモデル重視型でいいでしょう。私もそうでした。ロールモデルを何人か見つけて、尊敬する人の結晶化した素晴らしいものを真似て盗んで自分のパーツにしていけばいい医者になれるかと思います。

私は、そうして医師のロールモデルを見つけて吸収していくうちに、既存の医師にはない資質を求めるようになりました。そして、次のステップとして、開拓型のキャリアアップを目指すようになりました。開拓型になると、新しいことに挑戦したり他分野での可能性に賭けたり、枠外に出ようとする気持ちがどこかの時点で芽生えると思います。能でいうところの「守・破・離」でしょうか。

それともう一つ、特殊なキャリアを経験してきた者としてお伝えしたいことは、医学部を卒業していきなり違う世界にいくのは勿体ないということです。ある一定期間は医師の生活にどっぷりとつかったほうが、次の世界にいったときも後悔がないと思います。医師は臨床の現場に出て患者さんの傍らに寄り添い、汗をかいて涙を流すことがいずれ自分自身のvalueになります。この大きなチャンスを自ら捨てるのは勿体ないと思います。しばらくやってみてどうしても合わないと感じたときにやめるのは仕方ないですが、それまではチャレンジしてみる方が得るものは大きいと思います。

7.医学生、研修医に向けてメッセージ

「日々、学び」ということです。学ぶ上で大切なのは、“warm heart”と“cool head”。どちらか片方ではダメで、両方が必要です。warm heart とcool headがあればどの分野でも活躍でき、どんな逆境にも対応できると思っています。warm heartは医師を志す人なら誰でも少なからず持っていると思います。cool headは、死ぬほど勉強したら身につきます(笑)。私自身もビジネススクールでは全くゼロからのスタートだったので同級生の誰よりも勉強した自信があります。(裵先生は首席で卒業されました。)また、自分を磨くために自分が周囲より明らかに劣っている分野や厳しい環境に身をおくとcool headは高速で身につけられます。

そして、99%は自力で必死に努力しますが、最後の1%は他力本願だということです。ベストを尽くしてもうダメだと思ったときに、いままでお世話になった方や自分を信じて応援してくれている人のことを考えるのです。そうすると、力が湧いてきて最後の1%を乗り越えることができると思います。

岩田 健太郎先生(感染症)

岩田健太郎先生

神戸大学病院感染症内科 診療科長 教授
アメリカ内科専門医
アメリカ感染症専門医
国際旅行医学会旅行医学認定TM
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本感染症学会認定感染症専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
ロンドン大学熱帯医学衛生学校感染症修士
ICD制度協議会認定Infection Control Doctor

1. 医師を選んだ理由

医者になった理由はなんとなくで、特に深い理由はありません。

医学部に行ったのは自然科学と社会科学と両方融合的に勉強したかったからです。

2. 感染症科のメリットとデメリット

・メリット:ある程度手先が不器用でも出来る事です。

・デメリット:個人の捕らえ方次第だから、あまり感じていないです。

3. 研修医のときの苦労、頼りになった先輩の一言、辛いときどのように乗り越えたか

苦労はもう死ぬほどしたので、言いだしたら限がないです。仕事の苦労から、体力の苦労から、自分の不甲斐なさ故の苦労から・・・苦労しかしていないような気がします。

苦労を乗り越えたかと言えば、ウダウダやっているうちにそのまますぎて行ってしまい、特に乗り越えた実感はありません。

頼りになった先輩の一言はたくさんあります。例えば僕がとにかく勉強を一生懸命している時に、図書館に篭って勉強していたのですが、「勉強はいいからもっと患者さんをみろ」「図書館なんか行っている暇があったらもっと病棟に行け」と言われた事があります。これは今でも覚えており、当時は厳しく、堪える言葉でした。

4.他職種との関わりで心がけていること、難しいと感じること、失敗談

「多職種の人は、医者に思っていることを言わない。多くの人は医者を嫌っている。」これは5年生のときに多職種との実習を一緒に行った際に教えてもらいました。このように多職種が思っているという事を知っておく事が大事だと思います。

失敗はものすごくたくさんしています。多職種との関係に限らず失敗はすごく多いです。

5.ワーク・ライフバランスについて

ワークとライフをあまり分けて考えていません。ライフとワークを分けてバランスをとるというよりは、最適な生き方をしているときに、それがライフワークバランスと呼ばれる、後づけでよばれるようなモノになっていると思います。特に家庭を大事にせず、仕事ばかりをやっているというバランスの悪さは良くないですね。

究極は家庭の方が大事だと思っているので、自分の患者さんより家族の方が大事です。自分の家族の為だったらお金を払う事、一緒に住む事、一緒にご飯を食べる事、一緒に寝る事は出きます。しかし患者さんに対してはお金を払う事はしない、患者さんとご飯を食べる事もなく、患者さんと一緒に寝泊りする事もありません。この事に自覚的した上で患者さんをみる事が大事だと思います。“患者さんのために尽くす”という欺瞞には走らない事を大事にしています。

6.医師のキャリアアップについて

キャリアは“結果”であって“目的”ではありません。一番大事なのは日々の過ごし方であり、今日を大事にしないと明日もないと思います。今日を一生懸命過ごしていれば、それが積み重なって10年後の何か(キャリア)があるのだと思います。

10年先が自分はどうなっているのだろうと考える暇があったら、今、目の前の事に一生懸命やるべきです。「10年先どうしよう」と考えるために頭を使わない方がいいです。これは時間の無駄です。

7.医学生、研修医に向けてメッセージ

質問出来るようになりましょう。自分の無知に気づきましょう。

 

徳田 安春先生(総合診療)

徳田 安春先生

筑波大水戸地域医療教育センター水戸協同病院総合診療科 教授
沖縄県立中部病院内科、聖路加国際病院内科を経て2009年より着任。

認定資格
・日本内科学会認定総合内科専門医
・米国内科学会フェロー(FACP)
・公衆衛生修士号(MPH)

受賞
・2002年 沖縄県立中部病院ハワイ大学卒後臨床研修プログラム優秀指導医章
・2008年 日本プライマリケア学会優秀論文章

 

1.医師を選んだ理由

私は子どもの頃から体が弱く、小学1年生の時にリウマチ熱にかかりました。沖縄生まれ、沖縄育ちであり沖縄中の病院を回ったが治療できず、京都の病院で治療していただくことになりました。そのような経験をし、医療従事者が格好良く見え、素晴らしいと感じ、医療従事者を志しました。そして、高校生になった時に琉球大学医学部が創設され、医学部に行くことが具体的な目標になり合格できたということです。

2.総合診療科のメリット

患者さんは入院、退院、外来、在宅や施設と段階を進んでいきます。医師、ジェネラリストとして患者さんをケアするにあたって継続的に最初から最後まで中心的に舵取りができます。これは総合診療専門医の大きなメリットです。そして、総合診療専門医は医療系職種の中で中心的な存在であり、医療系職種とコラボレーションできる立場であり、それらをつなぐ役割を果たすことができると思っています。また、総合診療医はジェネラリストとして、その場にあった役割を果たすことができるとも思っています。

病気を治療するという視点以外に、パブリックヘルスに関する活動もジェネラリストには必要な視点です。地域や社会の健康増進にとどまらず、幸福とはなにか?地球環境はどうするか?など、医学を超えたマインドを持つことが大切です。ジェネラリズムという考えから医学を超えたマインドを持つことでイノベーションを起こすこともできます。私の場合は社会学者や言語学者などと共同研究を行っていますが、そういった活動も可能ですし可能性は広がっていると感じています。

3.研修医のときの苦労、頼りになった先輩の一言、辛いときどのように乗り越えたか

新しく研修医になる者へのメッセージとかえさせていただきますが、最初の半年間はキツイです。最初はどうしていいのかわからないと思います。今まで6年間の勉強したことの使い方もわからないですし、応用もできないです。学校での座学的な学びではなく、現場的な業務プロセスを体で覚えていくしかないです。従って、最初の半年間は体力的にも本当に辛くキツイです。そこを乗り切ると、今までの勉強を応用できる次のステップが待っています。

辛い時も体調を崩さない・ストレスを溜めないことが大切です。時間がなくても、3食食べる(ポケットにおにぎりやサンドイッチを忍ばせて食べてください)、少しでもいいので睡眠をとる、家族や友人と交流をとる。それを戦略的に実施してください。最後に、自分の限界を知ってください。

4.他職種との関わりで心がけていることや失敗談

医師は“自分たちが中心的な役割を果たしている”という意識があり、エゴイズムが強いです。しかし実際はいろいろな現場(病院・診療・在宅など)でコメディカルの助けがあるから成り立っています。各職種は資格をとったプロですから、医療チームのメンバーとしてリスペクトして関わることが大切です。

医師はチームのマネージャー的な役割を果たす立場になるので、適材適所で各職種の強みを生かすというマネージメント力が必要になってきます。得意分野をどんどん伸ばす事で、各個人がハッピーに働ける職場になります。そんな職場に人も集まってきます。

世界の医学教育の中でマネージメントスキルが重要である事が認識されており、イギリスでは医学部の教育にも取り入れられています。コミュニケーションスキル、ネゴシエーションスキルなどがあり、マネージメントスキルを学ぶ事は、テストで良い点を取る事とは違う、いろいろなインパクトがあります。

5.ワーク・ライフバランスについて

今までの日本のトラディショナルな男の働き方としては、“家は奥さんに任せて朝から晩まで仕事に出る。奥さんが病気になっても帰ってこない。”という時代が長かったが、今は“ファミリーをケアする事”が必要です。普段言葉に出さなくても分かっているだろうと思っても、奥さんの誕生日・記念日には花を買って帰るなど、特別な日に上手くケアをすることが必要です。また仕事のオン・オフをはっきりさせて、仕事を終えたら早く帰る事。家族は“ひとつの自分の居場所”だと思って上手くケアする事が大事です。

医師は患者の為・医療チームの為に、すぐ駆けつけなければならない場面がありますが、医療職以外の人とのコミュニケーションを持ち、家族との関わりについて社会の人がどう考えているか理解することが大事です。

単身赴任・独身は疫学的に予後不良です。早く結婚する事をお勧めします。

6.医師のキャリアアップについて

自分が何かやりたいと思ったら場所を選ばず、どこにでも行った方が良いです。自分の居場所を固定せず、違う病院に移動してでも興味を持った事に挑戦した方が良いです。

7.医学生、研修医に向けてメッセージ

日本の医師はすごい勢いで一人ひとりのパフォーマンスが伸びてきています。この10年間で研修制度が必修化されたり、各病院が競ってプログラムを充実させた事に加えて、日本人は元々まじめで優秀です。土日も夜遅くまで勉強するという、他の国ではありえない現象が全国各地で起こっています。

このため10年後には日米の立場が逆転し、日本の医師の方がいろいろな意味で(技術・知識面等)アメリカを抜いていると思います。私は総合内科の領域においては日本が世界の頂点に立つと予言しています。ぜひこの予言を皆さんに実現して欲しいです。

そのためには皆さんが世界中に情報を発信しなければいけません。世界に発信するツールとして医学英語を勉強し、国際的な雑誌・本などに発表するなどグローバルなチャレンジをして欲しいです。皆さんだったら出来ると思っています。

三宅 琢先生(眼科・産業医・会社経営)

三宅琢先生

日本眼科学会眼科専門医、日本医師会認定産業医、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員。
眼科と産業医として働く傍らで、Gift Handsの代表として視覚障害者ケア情報サイトを運営し、便利グッズの開発やアプリ紹介を行う。また代表として全国のApple Storeや盲学校、視覚障害者支援施設や医薬専門学校等でiPadとiPhoneを用いたロービジョンケア(視覚に障害があるため生活に何らかの支障をきたしている人に対する医療的、教育的、職業的、社会的、福祉的、心理的等の支援)に関するセミナーや講演等を行っている。

 

1.今の職場や科を選んだ理由

私は現在自社であるGift Handsを拠点に、産業医、眼科医、Apple製品を用いた障害者ケアコンサルトという三つの専門を持って働いています。

大学時代に眼科の難病が原因で友人を失ったため最も興味のあった眼科学と人の生き方や死に方と向き合える終末期医療という大きく異なる二つの進路で、私は初期研修医時代に悩んでいました。

対極をなす進路に悩んだすえ、眼科学を選択して専門医と博士号を所得した臨床医6年目の夏、かつて友人を死においつめた難病の治療法が10年の歳月をかけても進歩がない事を知り再び進路を悩みました。

そんな時期に人を仕事に適応させるという産業保健という分野に出会い、自分の一番やりたかった“人を見る”という仕事を初めて見つけた感覚になりました。また時を同じくして、眼科医としても難治性の視覚障害者の生活をiPad等で改善させるデジタルケアという分野に可能性を見いだす事が出来ました。そして“治す”のではなく“導く”という仕事こそ自分の天職だと直感し、大学病院を出てGift Handsを起業しました。

2.今の職場や科のメリットデメリット

起業して組織の束縛を離れ、全てのスケジュールを管理できる裁量権の大きさが今の職場の最大のメリットです。

一方で仕事を入れ過ぎる傾向があり、休みも仕事の一つとしてスケジュール管理をするなど自己管理能力が問われる事や、誰も進んだ事のない道を歩むため強い信念のコンパスを持っていないと容易に方向性を見失う事がデメリットです。

三つの専門分野をバランスよく持つ事でそれぞれの専門性を常に外の世界から客観的に評価できる事、分野を超えて人のつながりが拡散し同じ価値観の仲間と仕事がつながる事がマルチDr.のメリットです。

一方肩書きの記載が複数存在するため、初対面の人に自分の職業を説明するのが煩雑で理解してもらうのに時間がかかるのがデメリットです。

3.研修医のときの苦労、頼りになった先輩の一言、辛いときどのように乗り越えたか

初期研修を行った医療センターは、研修医がとても少なかったため、初日から病棟をまかされるなど指導体制が十分とは言えませんでした。

しかし一人前になる早さは早く、自分がこの患者を守らないといけないという使命感を常に感じて医療をする事ができました。またスタッフの人数が少ないため、医局という垣根を超えて学年の近い先輩が指導してくれる事はとても安心感がありました。

記憶に残っている一言は、

静脈確保の作業に慣れない私に、日頃痛がりの先輩が『俺の腕使って練習しろ』と涙目で言ってくれた事。

息を引き取る直前の受け持ち患者が『先生に会えてよかったよ、ありがとう』と言ってくれた事。

辛い時に乗り越えられたのは、一緒に戦った仲間や想いの通じた患者の存在があったからです。漫画ONE PIECEにもあるように信頼できる仲間や信頼してくれる患者がいたからこそ、私は人生の荒波を乗り越えられました。

4.他職種との関わりで心がけていること、難しいと感じること、失敗談

他業種との関わりで一番心がけている事は、職域にとらわれないで人と関わり、仕事をする事です。私は医者だから・・・、患者だから・・・、障害者だから・・・ではなく、山田さん(患者さん)のためだからこれをしようとか、医師としてではなく、私(一人の人間として)はあなたにこの治療をうけてほしいという感覚を大切にして仕事をするこころがけです。

仕事、遊び問わず一人の人間として人と向き合い、仕事や職種の枠をこえて人と人が影響し合う事こそ生きる楽しみだと思います。各地のセミナーで話すデジタル障害者ケアのアイデアの多くは、これまでに関わった患者さんの声から学びました。彼らは私にとっては患者ではなく生きる教科書なのです。

難しいと感じる事は、例えば全盲の人が何に困るか等の自分にはない物を持つ人々の想いを引き出す時です。そんな時のこころがけとして、まず言葉を変えます。“難しい”は“やりがいがある”に、“緊張する”は“ワクワクする”に、そしてどこへでも飛び込んでみます。全盲の方の飲み会に参加すると本当に学ぶ事は多いです。

また私には目の不自由な精神科医の友人がいます。彼は初診の患者に次のような言葉をかけるそうです。

『僕は目が見ないから、安心して下さい』

目が見えない方がいい時もあると彼は私に教えてくれました。

人は体験を通してしか学ぶ事は出来ないというのが、私の信条の一つです。視覚障害を楽しむ彼を友人に持てる私は本当に幸せだと感じています。

5.ワーク・ライフバランスについて

日々の労働の疲れを癒し、体を休めるための休日ではなく、週明けにより活力をもって仕事にいけるように休日を生かす事が大切です。そのためには仕事の仕方を真剣に考えて、仕事にやりがいと誇りを持つ事が大切だと思います。仕事を充実させる事ではじめて休日の活動性も上がります。仕事と休みとは好敵手のような存在であり、『よく学びよく遊ぶ』事こそ、子供も大人も一番大切な事だと思います。

6.医師のキャリアアップについて

専門分野が細分化する現代医療において、何をどこまでやりたいかを社会に出る前から想定して、方向性も持って進路を選ぶ事が重要だと思います。大学に残って専門性を追求するのもいいし、技術や実践を早く学んで地域医療の最前線で活躍するのもいいと思います。簡単に言えば何に自分が一番ワクワクするかを見つける事こそが、大切ではないでしょうか。

ちなみに私のように専門性を複数持つ事を一種の特異性として生きる道も、これからの時代には一つの選択肢となると思います。私は産業医としての業務の中で眼科における眼精疲労対策や視覚障害者の就業ケア等、内科や精神科をベースとする産業医とは異なる専門性を発揮する事で自分らしく産業医ライフを楽しんでいます。

7.医学生、研修医に向けてメッセージ

学生時代や研修医時代に是非考えてほしい事は、なぜ医者になりたいかの理由を本気で考える事です。それさえしっかり見つかっていれば、いつか必ず本当にやりたい仕事に出会えるはずです。

頭で考えるのではなく、ボランティア活動に参加したり一人旅や演劇をやったりと、一見将来の仕事と直接的には関係ないように感じる事でも、自分自身が熱くなれる物を探す体験を一つでも多く経験する事をお勧めします。それこそが必ず将来の道を築く糧となり、未来の自分を助けてくれます。

私の場合は、ワクワクの源は自分の成長を感じる事でした。患者(他人)との壁という永遠に超えられない壁を超えようと努力し、成長し続ける事を求められる仕事、それが医師や産業医だと思います。

大学時代に学生主体で行ったACLS(二次救命処置)勉強会、部活での血友病の子供達を連れてのキャンプで行った演劇や人形劇、下手でも続けた美術や音楽、そのすべては今の私の強みであり、楽しみとして日々の仕事に生かされています。どうぞみなさんもワクワクの源をいっぱい見つけて自分らしい働き方を見つけてみて下さい。