医師国家試験

医師国家試験で90%得点して合格する勉強法まとめ

過去問の丸暗記は年々通用しなくなってきている

後述しますが、111回医師国家試験は過去10年間で最低の合格率となりました。
原因として、過去問と全く同じ問題の出題率が年々少なくなっており、より本質的な理解が伴った学習ができているかが問われる問題が増えてきています。特に必修問題でこういった傾向があるため必修問題で合格基準に達せず不合格になってしまった人が増えたと予想します。

よく「臨床実習に基づいた勉強ができているかが重要」と言われますが、過去10年分に出題された全ての問題を分析していますが、少し疑問です。
確かに臨床実習を大切にすることはとてもいいことですが、そもそも臨床実習の内容は大学によって大きく異なりますし、1-2週間の実習ですべての疾患を経験することは現実的に不可能です。
臨床実習自体が教育内容にどうしても差が生じてしまうため、その穴を机の上での勉強で補っていく必要が当然あります。むしろ臨床実習で学べることは医師国家試験で出題される内容のごく一部になってしまうのが現実だと思います。

その目線で過去問分析をしていくと、最悪臨床実習を行っていなくても、本質的な理解と暗記ができていれば何の問題もなく正解できることがわかります。

重要な注意点として、以前は過去問と全く同じ問題の出題率が高く、過去問3年分をとりあえず丸暗記してしまえば合格できたのですが、上述した通り過去問の丸暗記がだんだん通用しなくなっているということです。

そのため、下記に紹介している「病気がみえる」シリーズなどの参考書を用いて理解を伴った勉強を軸として、過去問演習はあくまでもその理解度、暗記の定着度の確認目的に使用することを推奨します。

これが徹底できていれば111回医師国家試験もほとんど困ることなく90%の正解は十分可能な内容でした。

*上記をふまえて当記事の勉強方法も大きく修正しています。

111回医師国家試験の分析

111回医師国家試験は過去10年間で最低の合格率

111回は難化したといわれていますが、実際合格率は88.7%であり、過去10年間で最低の合格率となりました。

必修問題が難化し、必修での不合格者が多い

合格率がこれほどに低下した最大の原因は必修問題の難化です。
必修問題は80%以上の得点ができないとそれだけで不合格となります。111回医師国家試験では、この必修問題でいわゆる臨床系の実践的な問題が増加し難易度もあがった結果、合格率が低下したと考えられます。

111回医師国家試験の合格率

全体では88.7%の受験生が合格しています。110回医師国家試験の合格率は91.5%でしたので、3%近くも低下し上記のとおり過去10年間で最低の合格率となりました。

既卒者の合格率は54.3%、新卒者は91.8%と新卒受験生は90%以上が合格していることがわかります。
しかし、このデータは卒業試験をクリアして国家試験を受験した医学生のうちのデータになりますので、卒業試験で留年してしまった医学生がいることも考えると、新卒医学生も安心はできない結果になったと思われます。

110回の医師国家試験では新卒受験生の合格率は94%をうわまわっており、新卒での合格率も3%近く低下しました。

110回医師国家試験の合格点

一般問題:128/198点 (64.6%)*不適切問題あり

臨床問題:381/600点 (63.5%)

必修問題:160/200点 80%

約100問(全体の20%)は過去問からの出題

111回の医師国家試験を分析すると、500問中約100問の実に20%がほとんど過去問と同じ問題でした。

しかし、109回の医師国家試験は500問中150問の30%、110回医師国家試験では500問中130問の23%程度が過去問からの出題であったことを考えると、年々過去問と全く同じ問題の出題が減少したといえます。

ただ、全く同じとはいえない問題でも、過去問を勉強することで正解できる類似問題も含むと、80%以上にのぼっています。

111回医師国家試験に向けた勉強においても、過去問の対策は必須であり、最も効率の良い勉強方法とも言えます。

注意点として、ただ過去問を丸暗記するだけでは近年の国家試験は対応が困難であるため、過去問を参考に周辺知識を整理していくことが重要になります。

121問(24%)は画像問題の出題

続きを読む

第109回医師国家試験情報まとめ

合格率

第109回医師国家試験の合格率:91.2%

受験者数 9057人 合格者数8258人

日程、時間割

1日目(2015年2月7日)

A 問題 9:30~11:30 (120分) 60 問 (各論)

一般 20 問 臨床 40 問 続きを読む